現在配布中の参照触媒の種類

CategorySubcategory試料名供給者1回配布量配布担当者公開情報配布条件配布開始配布終了情報更新
氏名所属
アルミナ JRC-ALO-6日揮ユニバーサル(株)200g永岡 勝俊名古屋大学 大学院工学研究科化学システム工学専攻球状 1.6 mm、比表面積: 180 m2/g、充填密度: 0.48 g/cm3、Fe2O3 (<0.01%)、SiO2 (<0.1%)、Na2O (<0.0015%)、Cl (<0.2%) 製造方法:UOPオイルドロップ法アルミナゾルホットオイル中にてゲル化、焼成873-923 K2021/9/19 6:11
アルミナ JRC-ALO-7日揮ユニバーサル(株)200g永岡 勝俊名古屋大学 大学院工学研究科化学システム工学専攻球状 3.2 mm、比表面積: 180 m2/g、充填密度: 0.45 g/cm3、Fe2O3 (<0.01%)、SiO2 (<0.1%)、Na2O (<0.0015%)、Cl (<0.1%) 製造方法:UOPオイルドロップ法アルミナゾルホットオイル中にてゲル化、焼成873-923 K2021/9/19 6:13
アルミナ JRC-ALO-8住友化学工業(株)100g永岡 勝俊名古屋大学 大学院工学研究科化学システム工学専攻球状 2.2 μm、比表面積: 148 m2/g、充填密度: 0.07 g/cm3、結晶相: θ + γ -Al2O3、Fe (4 ppm)、Si (2 ppm)、Na (2 ppm)、Mg (1 ppm)、Cu (>1 ppm)、純度 >99.99%、Ig. Loss: 1.9% 製造方法:アルミニウムアルコキシドの加水分解、焼成750~850℃「提供元と参照触媒委員会の契約を遵守する」旨の契約書に署名後配付する。同一研究グループに3年に1度以上の頻度では配付しない。2021/9/19 6:13
アルミナ JRC-ALO-9日本軽金属(株)200g永岡 勝俊名古屋大学 大学院工学研究科化学システム工学専攻粉体 20.6 μm、比表面積: 204 m2/g、充填密度: 0.33 g/cm3、細孔容積: 0.77 cm3/g、平均細孔径: 10.9 nm、結晶相: γ -Al2O3、Fe2O3 (0.01%)、SiO2 (0.03%)、Na2O (0.01%)、S (0.7%)、1100℃処理減量割合 = 7.0%学会員において全量使用し、第三者への再配布をしないこと 使用目的は可能な限り詳細な記載をお願いします2021/9/19 6:16
アルミナ JRC-ALO-10日本軽金属(株)200g永岡 勝俊名古屋大学 大学院工学研究科化学システム工学専攻粉体 20.1 μm、比表面積: 104 m2/g、充填密度: 0.36 g/cm3、細孔容積: 0.71 cm3/g、平均細孔径: 20.1 nm、結晶相: θ -Al2O3、Fe2O3 (0.01%)、SiO2 (0.03%)、Na2O (0.01%)、S (0.1%)、1100℃処理減量割合 = 3.8%学会員において全量使用し、第三者への再配布をしないこと 使用目的は可能な限り詳細な記載をお願いします2021/9/19 6:17
シリカ JRC-SIO-1200g荻原 仁志埼玉大学 大学院理工学研究科2021/9/12
シリカ JRC-SIO-13日揮触媒化成(株)100g荻原 仁志埼玉大学 大学院理工学研究科JRC-SIO-9Aと同等品。円柱状 3.3 mmΦ × 3.3 mmH、比表面積: 336 m2/g、充填密度: 0.49 g/cm3、細孔容積: 0.654 cm3/g (径 7.1 nm以上)、平均細孔径: 11.0 nm (ピーク位)、組成: SiO2 (99.0 wt%)、Al (2.3 ppm)、Ti? (0.1 ppm)、Ca (0.5 ppm)、Fe (3.9 ppm)、Na (60 ppm)、Mg (0.1 ppm)、Ig. Loss: 0.99 wt%「提供元と参照触媒委員会の契約を遵守する」旨の契約書に署名後配付する。2021/10/21 09:27
シリカ JRC-SIO-14富士シリシア(株)100g荻原 仁志埼玉大学 大学院理工学研究科富士シリシア(株) CARiACT Q-6、比表面積: 431 m2/g、細孔容積: 0.60 mL/g、充填密度: 0.62 g/mL、pH値: 7.2、含水率: 0.2%、粒子径: 1.18-2.36 mm、組成: SiO2 (96.3%)、Al (76 ppm)、Fe (43 ppm)、Mg (183 ppm)、Ca (500 ppm)、Na (274 ppm)配布量は100 g(同一研究グループに2年に1度以上の頻度では配付しない)2021/9/12
シリカ JRC-SIO-15富士シリシア(株)100g荻原 仁志埼玉大学 大学院理工学研究科富士シリシア(株) CARiACT Q-10、比表面積: 302 m2/g、細孔容積: 1.01 mL/g、充填密度: 0.43 g/mL、pH値: 6.4、含水率: 0.2%、粒子径: 1.18-2.36 mm、組成: SiO2 (98.0%)、Al (53 ppm)、Fe (25 ppm)、Mg (70 ppm)、Ca (175 ppm)、Na (83 ppm)配布量は100 g(同一研究グループに2年に1度以上の頻度では配付しない)2021/9/12
シリカ JRC-SIO-16富士シリシア(株)100g荻原 仁志埼玉大学 大学院理工学研究科JRC-SIO-10と同等品。富士シリシア(株) CARiACT Q-15、比表面積: 192 m2/g、細孔容積: 1.00 mL/g、充填密度: 0.44 g/mL、pH値: 7.0、含水率: 0.5%、平均細孔径: 16.2 nm、粒子径1.18-2.36 mm、組成: SiO2 (98.0%)、Al (45 ppm)、Fe (29 ppm)、Mg (71 ppm)、Ca (181 ppm)、Na (56 ppm)配布量は100 g(同一研究グループに2年に1度以上の頻度では配付しない)2021/9/12
シリカ JRC-SIO-17富士シリシア(株)100g荻原 仁志埼玉大学 大学院理工学研究科JRC-SIO-11と同等品。富士シリシア(株) CARiACT Q-30、比表面積: 104 m2/g、細孔容積: 0.98 mL/g、充填密度: 0.43 g/mL、pH値: 7.0、含水率: 0.5%、平均細孔径: 30.7 nm、粒子径: 1.18-2.36 mm、組成: SiO2 (98.8%)、Al (75 ppm)、Fe (30 ppm)、Mg (68 ppm)、Ca (290 ppm)、Na (83 ppm)配布量は100 g(同一研究グループに2年に1度以上の頻度では配付しない)2021/9/12
シリカ JRC-SIO-18富士シリシア(株)100g荻原 仁志埼玉大学 大学院理工学研究科JRC-SIO-12と同等品。富士シリシア(株) CARiACT Q-50、比表面積: 66 m2/g、細孔容積: 0.95 mL/g、充填密度: 0.44 g/mL、pH値: 7.8、含水率: 0.5%、平均細孔径: 49.5 nm、粒子径: 1.18-2.36 mm、組成: SiO2 (97.9%)、Al (64 ppm)、Fe (29 ppm)、Mg (58 ppm)、Ca (199 ppm)、Na (70 ppm)配布量は100 g(同一研究グループに2年に1度以上の頻度では配付しない)2021/9/12
シリカ JRC-SIO-19(株)トクヤマ25g荻原 仁志埼玉大学 大学院理工学研究科(株)トクヤマ Reolosil QS-09、比表面積: 85 m2/g、細孔容積: 0.2 mL/g、充填密度: 0.05 g/mL、pH値: 4.4、含水率 <1.0 wt%、平均細孔径: 10 nm、平均一次粒子径: 22 nm、組成: SiO2 (>99.9 wt%)、Al (<0.1 ppm)、Ti (<0.1 ppm)、Ca (<0.1 ppm)、Fe (<0.1 ppm)、Na (<0.1 ppm)、Mg (<0.1 ppm) ※本データは測定例であり保証値ではありません2021/9/12
シリカ JRC-SIO-20(株)トクヤマ25g荻原 仁志埼玉大学 大学院理工学研究科(株)トクヤマ Reolosil QS-10、比表面積: 145 m2/g、細孔容積: 0.35 mL/g、充填密度: 0.05 g/mL、pH値: 4.2、含水率 <1.5wt%、平均細孔径: 10 nm、平均一次粒子径: 15 nm、組成: SiO2 (>99.9 wt%)、Al (<0.1 ppm)、Ti (<0.1 ppm)、Ca (<0.1 ppm)、Fe (<0.1 ppm)、Na (<0.1 ppm)、Mg (<0.1 ppm) ※本データは測定例であり保証値ではありません2021/9/12
シリカ JRC-SIO-21(株)トクヤマ25g荻原 仁志埼玉大学 大学院理工学研究科(株)トクヤマ Reolosil QS-102、比表面積: 205 m2/g、細孔容積: 0.55 mL/g、充填密度: 0.05 g/mL、pH値: 4.2、含水率 <1.5wt%、平均細孔径: 11 nm、平均一次粒子径: 12 nm、組成: SiO2 (>99.9 wt%)、Al (<0.1 ppm)、Ti (<0.1 ppm)、Ca (<0.1 ppm)、Fe (<0.1 ppm)、Na (<0.1 ppm)、Mg (<0.1 ppm) ※本データは測定例であり保証値ではありません2021/9/12
シリカ JRC-SIO-22(株)トクヤマ25g荻原 仁志埼玉大学 大学院理工学研究科(株)トクヤマ Reolosil QS-30、比表面積: 305 m2/g、細孔容積: 0.75 mL/g、充填密度: 0.05 g/mL、pH値: 4.2、含水率 <2.0 wt%、平均細孔径: 11 nm、平均一次粒子径: 7 nm、組成: SiO2 (>99.9 wt%)、Al (<0.1 ppm)、Ti (<0.1 ppm)、Ca (<0.1 ppm)、Fe (<0.1 ppm)、Na (<0.1 ppm)、Mg (<0.1 ppm) ※本データは測定例であり保証値ではありません2021/9/12
マグネシア JRC-MGO-4 500A宇部マテリアルズ50~100g永岡 勝俊名古屋大学 大学院工学研究科化学システム工学専攻超微粉末、組成: MgO (>99.98 wt%)、Al2O3 (<0.001 wt%)、SiO2 (<0.002 wt%)、CaO (<0.002 wt%)、Fe2O3 (<0.001wt%)、ZnO(<0.007 wt%)、Na2O (<0.001 wt%)、MnO (<0.001wt%)、NiO (<0.0001 wt%)、Cr2O3 (<0.0001 wt%)、B2O3 (0 wt%)、U + Th (1 ppb程度) 製造法: 気相酸化法、高純度の金属Mg蒸気と酸素との気相酸化反応で生成する結晶核を成長させる 比表面積: 7-8 m2/g、平均粒子径: 1900-2400 Å2021/9/19 6:29
マグネシア JRC-MGO-4 2000A宇部マテリアルズ50~100g永岡 勝俊名古屋大学 大学院工学研究科化学システム工学専攻超微粉末、組成: MgO (>99.98 wt%)、Al2O3 (<0.001 wt%)、SiO2 (<0.002 wt%)、CaO (<0.002 wt%)、Fe2O3 (<0.001wt%)、ZnO(<0.007 wt%)、Na2O (<0.001 wt%)、MnO (<0.001wt%)、NiO (<0.0001 wt%)、Cr2O3 (<0.0001 wt%)、B2O3 (0 wt%)、U + Th (1 ppb程度) 製造法: 気相酸化法、高純度の金属Mg蒸気と酸素との気相酸化反応で生成する結晶核を成長させる 比表面積: 28-38 m2/g、平均粒子径: 450-600 Å2021/9/19 6:33
酸化チタン JRC-TIO-1石原産業(株)100g高瀬 舞室蘭工業大学粉状、組成: TiO2 (95%)、SO3 (3.64%)、Ig. loss: H2O 1.66%、比表面積: 72.6 m2/g、結晶形: アナターゼ同一研究グループに2年に1度以上の頻度では配付しない。2021/9/12
酸化チタン JRC-TIO-7堺化学工業(株)100g高瀬 舞室蘭工業大学粉状、組成: TiO2 (>99%)、SiO2 (0.06%)、Fe2O3 (0.01%)、SO3 (0.57%)、P2O5 (0.09%)、粒子径: 8 nm、比表面積: 270 m2/g、結晶形: アナタース 製造法:硫酸法同一研究グループに2年に1度以上の頻度では配付しない。2021/9/12
酸化チタン JRC-TIO-9古川機械金属(株)200g高瀬 舞室蘭工業大学粉状、組成: TiO2 (89.5%)、Al2O3 (<0.01%)、SiO2 (0.01%)、Fe2O3 (0.004%)、SO3 (0.25%)、P2O5 (0.05%)、Nb2O5 (0.2%)、Cl (0.023%)、Ig. Loss: 加熱減 4.2、粒子径: 8-11 nm、比表面積: 290-310 m2/g、pH: 8.1-8.5、結晶形: アナタース 製造法:硫酸法同一研究グループに2年に1度以上の頻度では配付しない。2021/9/12
酸化チタン JRC-TIO-10チタン工業(株)100g高瀬 舞室蘭工業大学粉状、粒子径: 15 nm、結晶形: アナタース同一研究グループに2年に1度以上の頻度では配付しない。2021/9/12
酸化チタン JRC-TIO-12テイカ(株)200g高瀬 舞室蘭工業大学粉状、組成: TiO2 (92.3%)、Al2O3 (<0.01%)、SiO2 (0.04%)、Fe2O3 (<0.01%)、SO3 (0.29%)、P2O5 (0.13%)、Cl (<0.01%)、Ig. Loss: 乾燥減7.97% 強熱減量 7.07%、粒子径: ~6 nm、比表面積: 290 m2/g、pH: 6.8、結晶形: アナタース同一研究グループに2年に1度以上の頻度では配付しない。2021/9/12
酸化チタン JRC-TIO-13テイカ(株)200g高瀬 舞室蘭工業大学粉状、組成: TiO2 (97.6%)、Al2O3 (<0.01%)、SiO2 (0.04%)、Fe2O3 (<0.01%)、SO3 (0.33%)、P2O5 (0.13%)、Cl (<0.01%)、Ig. Loss: 乾燥減2.3% 強熱減量 2.0%、粒子径: ~30 nm、比表面積: 59 m2/g、pH: 5.5、結晶形: アナタース同一研究グループに2年に1度以上の頻度では配付しない。2021/9/12
酸化チタン JRC-TIO-16堺化学工業(株)100g高瀬 舞室蘭工業大学JRC-TIO-6と同一製法品、組成: TiO2 (>99%)、SiO2 (0.18%)、Fe2O3 (0.02%)、Cl (0.05%)、粒子径: 約15 nm、比表面積: 109.5 m2/g、結晶形: ルチル 製造方法: 硫酸法同一研究グループに2年に1度以上の頻度では配付しない。2021/9/12
酸化チタン JRC-TIO-17日本アエロジル(株)200g高瀬 舞室蘭工業大学JRC-TIO-15と同一製法品、組成: TiO2 (>99.5%)、Al2O3 (<0.3%)、SiO2 (<0.2%)、Fe2O3 (<0.01%)、HCl (<0.3%)、Ig.loss: <2%、平均1次粒子径: 約21 nm、見かけ比重: 100-180 g/L、真比重: 4.1g/ml、比表面積: 50±15 m2/g、pH: 3.5-4.5 (4%水分散液)、結晶形: 主としてアナターゼ 製造方法:気相法(TiCl4 + O2 + 2H2 → TiO2 + 4HCl、JRC-TIO-15と同製法)2021/9/12
酸化チタン JRC-TIO-18富士チタン工業(株)200g高瀬 舞室蘭工業大学組成: TiO2 (98%<)、Fe2O3 (0.01%>)、平均1次粒子径: 約300 nm、比表面積: 22 m2/g、結晶形: アナターゼ 製造方法: 硫酸法2021/9/12
酸化チタン JRC-TIO-19富士チタン工業(株)200g高瀬 舞室蘭工業大学組成: TiO2 (96%<)、Fe2O3 (0.01%) 、平均1次粒子径: 約140 nm、比表面積: 67 m2/g、結晶形: アナターゼ 製造方法: 硫酸法2021/9/12
ジルコニア JRC-ZRO-6第一稀元素化学工業(株)200g高瀬 舞室蘭工業大学粉状、組成: ZrO2 + HfO2 (86.86%)、HfO2 (1.83%)、TiO2 (0.001%)、Fe2O3 (0.001%)、SiO2 (0.003%)、Na2O (0.007%)、SO4 (0.005%)、Al2O3 (0.005%)、Ig. Loss: 13.14、非結晶、比表面積: 279.3 m2/g 製造法: 加水分解法で合成した水酸化ジルコニウムを乾燥した非晶質含水酸化ジルコニウム2021/9/12
ジルコニア JRC-ZRO-7第一稀元素化学工業(株)200g高瀬 舞室蘭工業大学粉状、組成: HfO2 (1.94%)、TiO2 (0.001%)、Fe2O3 (0.002%)、SiO2 (0.001%)、Na2O (0.004%)、SO4 (0.005%)、Al2O3 (0.005%)、Ig. Loss: 1.91、結晶径: 12.1 nm、比表面積: 100.5 m2/g 製造法: 加水分解法で合成した水酸化ジルコニウムを低温焼成した酸化ジルコニウム(正方晶残存)2021/9/12
ジルコニア JRC-ZRO-8第一稀元素化学工業(株)200g高瀬 舞室蘭工業大学粉状、組成: HfO2 (1.82%)、TiO2 (0.003%)、Fe2O3 (0.002%)、SiO2 (0.002%)、Na2O (0.002%)、SO4 (0.005%)、Al2O3 (0.005%)、Ig. Loss: 0.59、結晶径: 248 nm、比表面積: 22.1 m2/g 製造法: 加水分解法で合成した水酸化ジルコニウムを焼成した単斜晶酸化ジルコニウム2021/9/12
ジルコニア JRC-ZRO-9第一稀元素化学工業(株)200g高瀬 舞室蘭工業大学粉状、組成: ZrO2+HfO2 (92.11%)、HfO2 (1.86%)、TiO2 (0.001%)、Fe2O3 (0.001%)、SiO2 (0.001%)、Na2O (0.003%)、SO4 (0.005%)、Al2O3 (0.005%)、Ig. Loss: 7.89、非結晶、比表面積: 325 m2/g 製造法: 中和法で合成した水酸化ジルコニウムを乾燥した非晶質含水酸化ジルコニウム2021/9/12
酸化セリウム JRC-CEO-1(株)三徳50g鳥屋尾 隆北海道大学 触媒科学研究所CeO2/REO (99.99%)、Fe (0.001%以下)、Na (0.001%以下)、Al (0.001%以下)、Pd (0.001%以下)、Si (0.001%以下)、S (0.001%以下)、Cl (0.001%以下)、Ig. Loss: 7.99%、結晶子径: 7.4 nm、比表面積: 156.9 m2/g、平均細孔径: 2.82 nm、細孔容積: 0.11 ml/g、D50: 21.31 μm 製造法: 炭酸セリウムを300℃で焼成したもの2021/9/19 6:19
酸化セリウム JRC-CEO-4関東化学10g鳥屋尾 隆北海道大学 触媒科学研究所CeO2/REO (99.8%)、Fe (0.02%以下)、Na (0.001%以下)、Al (0.018%以下)、Si (0.02%以下)、S (0.07%以下)、Cl (0.004%以下)、結晶子径: 12.6 nm、比表面積: 65.1 m2/g 製造法: 気相法(2000℃以上、数秒)により製造したもの2021/9/19 6:19
酸化セリウム JRC-CEO-5第一稀元素化学工業50g鳥屋尾 隆北海道大学 触媒科学研究所JRC-CEO-3と同一製法品、CeO2/REO (99.98%)、Fe (0.003%以下)、Na (0.001%以下)、Al (0.008%以下)、Pd (0.005%以下)、Si (0.008%以下)、S (0.01%以下)、Cl (0.001%以下)、Ig. Loss: 0.51%、結晶子径: 9.9 nm、比表面積: 92.0 m2/g、平均細孔径: 8.19 nm、細孔容積: 0.21 ml/g、D50: 4.70 μm2021/9/19 6:242015/6/1
酸化セリウム JRC-CEO-6第一稀元素化学工業50g鳥屋尾 隆北海道大学 触媒科学研究所JRC-CEO-2と同一製法品、比表面積: 162 m2/g、CeO2 (100%未満) 、Fe (0.001%以下)、Na (0.001%以下)、Al (0.002)、Pb (0.001以下)、Si (0.001)、S (0.002以下)、Cl (0.002)、Ig. loss: 3.62%、結晶子径: 7.2 nm、平均細孔径: 6.3 nm、細孔容積: 0.24 ml/g、粒子径D50: 4.73 μm2021/9/19 6:242021/4/5
酸化ニオブ JRC-NBO-1CBMM(双日)200 g西村 俊北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科(物質化学領域)ニオブ水和物(Niobium oxide hydrate)  Nb2O5として80±5 wt%、Fe (200 ppm max)、Cl (1000 ppm max)学会員において全量使用し、第三者への再配布をしないこと。使用目的は可能な限り詳細な記載をお願いします2021/9/19 6:39
酸化ニオブ JRC-NBO-2CBMM(双日)200 g西村 俊北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科(物質化学領域)五酸化ニオブ(Niobium Pentoxide Optical Grade)Ta (1500 ppm max)、Fe (5 ppm max)、Si (30 ppm max)、Al (10 ppm max)、Cr (1 ppm max)、Mn (1 ppm max)、Co (1ppm max)、Cu (2 ppm max)学会員において全量使用し、第三者への再配布をしないこと。使用目的は可能な限り詳細な記載をお願いします2021/9/19 6:39
酸化ニオブ JRC-NBO-3AOCBMM(双日)100 g西村 俊北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科(物質化学領域)シュウ酸ニオブアンモニウム(Anmonium Niobium Oxalate) NH4[NbO(C2O4)2(H2O)n、Nb2O5として25±5 wt%、Cl (0.5 % max)、溶解度: 300 g/L (@ 40℃) シュウ酸ニオブアンモニウムは、他の試料と異なり、主に含浸法あるいは沈殿法、共沈法などで触媒を調製する際のニオブの前駆体としての利用を想定しています。学会員において全量使用し、第三者への再配布をしないこと。使用目的は可能な限り詳細な記載をお願いします2021/9/19 6:39
酸化ニオブ JRC-NBO-4三井金属鉱業(株)200 g西村 俊北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科(物質化学領域)水酸化ニオブNb(OH)5(Niobium hydroxide)Ta (<50 ppm)、Fe (<5 ppm)、Si (<30 ppm)、BET: 150-250 m2/g [脱気温度200℃]、Loss on Ignition: 20-30%学会員において全量使用し、第三者への再配布をしないこと。使用目的は可能な限り詳細な記載をお願いします2021/9/19 6:39
酸化ニオブ JRC-NBO-5C三井金属鉱業(株)100 g西村 俊北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科(物質化学領域)炭化ニオブ NbC (Niobium carbide)NbC (≧99.5 wt%)、TaC (≦0.3 wt%)、Total Carbon (11.10-11.60 wt%)、Free Carbon (≦0.25 wt%)、O (≦0.4 wt%)、Fe (≦300 ppm)、粒径: 0.5-1.5 μm(フィッシャー法) Total Carbonは試料中全体の炭素量、Free Carbonは残存の未反応の炭素量を表します。学会員において全量使用し、第三者への再配布をしないこと。使用目的は可能な限り詳細な記載をお願いします2021/9/19 6:39
シリカアルミナ JRC-SAL-5日揮触媒化成(株)100g小倉 賢東京大学 生産技術研究所物質・環境系部門JRC-SAL-4の後継,ペレット、Al2O3=13wt%、Na2O≦0.1wt%「提供元と参照触媒委員会の契約を遵守する」旨の契約書に署名後配付する。2021/10/21 09:272021/10/21
シリカアルミナ JRC-SAL-6日揮触媒化成(株)100g小倉 賢東京大学 生産技術研究所物質・環境系部門粉末、Al2O3=13wt%、Na2O≦0.1wt%、SA≧500m2/g「提供元と参照触媒委員会の契約を遵守する」旨の契約書に署名後配付する。2021/10/21 09:272021/10/21
シリカアルミナ JRC-SAH-7日揮触媒化成(株)100g小倉 賢東京大学 生産技術研究所物質・環境系部門粉末、Al2O3=28wt%、Na2O≦0.1wt%、SA≧500m2/g「提供元と参照触媒委員会の契約を遵守する」旨の契約書に署名後配付する。2021/10/21 09:272021/10/21
シリカマグネシア JRC-SM-2水沢化学工業(株)200g朝倉 博行京都大学 大学院工学研究科分子工学専攻2021/9/12
タングステン酸ジルコニア JRC-WZ-1第一稀元素化学工業10g鳥屋尾 隆北海道大学 触媒科学研究所比表面積: 52.5 m2/g、組成: WO3 (11.95%)、ZrO2 (86.35%)、HfO2 (1.7%)、 Fe2O3 (0.0021)、TiO2 (0.0018)、SiO2 (0.0038)、Al2O3 (0.005以下)、 Na2O (0.0010)、SO4 (0.005以下)、Ig. loss: 0.60%、粒子径D50: 3.46 μm2021/9/12
ゼオライト MOR(モルデナイト)JRC-Z-HM20(5)東ソー(株)50g桑原 泰隆大阪大学大学院 工学研究科粉状、組成: SiO2 (91.4 wt%)、Al2O3 (8.5 wt%)、Na2O (0.041 wt%)、Ig. Loss: 1.8 wt%、SiO2/Al2O3: 18.3、粒径: 0.1-0.5 μm、見かけ比重: 0.26 g/cm3、比表面積: 360 m2/g。製造法: Na型合成モルデナイトをイオン交換して焼成したもの (イオン交換率 99%)。2021/9/12
ゼオライト MOR(モルデナイト)JRC-Z-HM90(1)ズードケミー触媒(株)50g桑原 泰隆大阪大学大学院 工学研究科White powder、Na (<100 ppm)、Ig. Loss: <10 wt%、SiO2/Al2O3: ~90、比表面積: >450 m2/g2021/9/12
ゼオライト FAU(Y)JRC-Z-HY5.3日揮触媒化成(株)50g桑原 泰隆大阪大学大学院 工学研究科粉状、SiO2 (74.9 wt%)、Al2O3 (24 wt%)、Na2O (1.1 wt%)、Ig. Loss: 12.1 wt%、SiO2/Al2O3: 5.31、見かけ比重: 0.36 g/cm3、細孔容積: 0.42 cm3/g、比表面積: 692 m2/g。製造法: JRC-Z-Y5.3をイオン交換後、乾燥・823 Kで3 h焼成、再度交換・焼成したもの (イオン交換率92%)。2021/9/12
ゼオライト FAU(Y)JRC-Z-HY5.5東ソー(株)50g桑原 泰隆大阪大学大学院 工学研究科粉状、SiO2 (75.3 wt%)、Al2O3 (22.2 wt%)、Na2O (4.3 wt%)、Ig. Loss: 1.2 wt%、SiO2/Al2O3: 5.6、粒径: 0.2-0.5 μm、見かけ比重: 0.53 g/cm3、比表面積: 570 m2/g。製造法: JRC-Z-Y5.5をイオン交換して焼成したもの (イオン交換率68%)。2021/9/12
ゼオライト FAU(Y)JRC-Z-Y4.8日揮触媒化成(株)50g桑原 泰隆大阪大学大学院 工学研究科粉状、Ig. Loss: 2.8 wt% (1273 K-1 hr)、SiO2/Al2O3: 4.8、見かけ比重: 0.38 g/cm3、細孔容積: 0.35 cm3/g、比表面積: 670 m2/g。製造法: 水硝子,シリカゲル,アルミン酸ソーダを原料とする。2021/9/12
ゼオライト FAU(Y)JRC-Z-Y5.5東ソー(株)50g桑原 泰隆大阪大学大学院 工学研究科粉状、SiO2 (67.3 wt%)、Al2O3 (20.3 wt%)、Na2O (12.4 wt%)、Ig. Loss: 20.7 wt%、SiO2/Al2O3: 5.6、粒子径: 0.2-0.5 μm、見かけ比重: 0.33 g/cm3、比表面積: 660 m2/g。製造法: NaY型ゼオライト。2021/9/12
ゼオライト FAU(X)JRC-Z-NaX2.5(1)東ソー(株)50g桑原 泰隆大阪大学大学院 工学研究科粉状、SiO2 (48.0 wt%)、Al2O3 (32.8 wt%)、Na2O (19.2 wt%)、Ig.Loss: 3.6 wt%、SiO2/Al2O3: 2.5、粒子径: 4.8 μm(d50)、見かけ比重: 0.53 g/cm3、比表面積:700 m2/g 製造法: NaX型ゼオライト2021/10/14 10:012021/10/14
ゼオライト *BEA(ベータ)JRC-Z-B25(1)ズードケミー触媒(株)50g桑原 泰隆大阪大学大学院 工学研究科White powder、Na (ca. 0.15 wt%)、Fe (<300 ppm)、C (<300 ppmw)、Ig. Loss: <10 wt%、SiO2/Al2O3: ~25、比表面積: >500 m2/g2021/9/12
ゼオライト *BEA(ベータ)JRC-Z-HB150(1)ズードケミー触媒(株)50g桑原 泰隆大阪大学大学院 工学研究科White powder、Na (<300 ppm)、Fe (<500 ppm)、C (<500 ppmw)、Ig. Loss: <10 wt%、SiO2/Al2O3: 150±30、比表面積: >500 m2/g2021/9/12
ゼオライト MFI(ZSM-5)JRC-Z5-30NA(1)水澤化学工業(株)10g小倉 賢東京大学 生産技術研究所物質・環境系部門Na form、SiO2 (87.7 wt%)、Al2O3 (4.73 wt%)、Na2O (2.9 wt%)、Fe2O3 (0.024 wt%)、SO3 (<0.5 wt%)、CaO (0.098 wt%)、MgO (0.023 wt%)、Ig. Loss: 4.47 wt%、SiO2/Al2O3: 31、Na2O/Al2O3: 1.01、比表面積: 358 m2/g、細孔容積: 0.15 cm3/g同一研究グループに3年に1度以上の頻度では配付しない2021/9/12
ゼオライト MFI(ZSM-5)JRC-Z5-30NH4(1)水澤化学工業(株)10g小倉 賢東京大学 生産技術研究所物質・環境系部門NH4 form、SiO2 (89.6 wt%)、Al2O3 (4.67 wt%)、Na2O (0.047 wt%)、Fe2O3 (0.025 wt%)、SO3 (<0.5 wt%)、CaO (0.077 wt%)、MgO (0.021 wt%)、Ig. Loss: 5.15 wt%、SiO2/Al2O3: 33、Na2O/Al2O3: 0.02、比表面積: 339 m2/g、細孔容積: 0.15 cm3/g2021/9/12
ゼオライト MFI(ZSM-5)JRC-Z5-90NA(1)ズードケミー触媒(株)50g小倉 賢東京大学 生産技術研究所物質・環境系部門White powder、Na (ca. 1.0 wt%)、Fe (<0.03 wt%)、C (<300 wt ppm)、Ig. Loss: <10 wt%、SiO2/Al2O3: ~90、比表面積: >300 m2/g2021/9/12
担持貴金属 Pt/Al2O3JRC-PTAL-1日揮ユニバーサル2g朝倉 博行京都大学 大学院工学研究科分子工学専攻調製法: アルミナ担体としてJRC-ALO-6を用い、塩化白金酸(H2PtCl6)水溶液に触媒中のPtが1.0 wt%となるように含浸した。その後、沸騰水Water Bath中で加温下ロータリーエバポレータにより余剰水分を蒸発させた。上記触媒を、空気流通下315℃で1時間乾燥し、その後、更に空気流通下500℃で4時間酸化処理を行った。次いで酸化触媒を100%水素流通下、常温から昇温しながら500℃で1時間還元処理を行った。得られた還元触媒を窒素Box中で均一混合し、試料とした。日揮ユニバーサル分析結果: 充填密度(0.77 g/ml)、Ig.Loss(1.6 wt% at 900℃)、Pt担持量(1.02 wt%)、Cl量(1.11 wt%)、BET表面積(176 m2/g)、Pt分散度(H2吸着: 1.16) なお、JRC-PTAL-1のCOおよびH2吸着量によるPt分散度、Pt担持量、BET表面積、細孔径分布、Pt粒子径分布、TPR、EPMA観察、COおよびプロパンの酸化活性、水素化脱硫活性、ナフタレン水素化活性、ヘキサン水素化分解活性などが第22回参照触媒討論会の資料集(触媒学会で入手可)に報告されておりますので御参考にして下さい。2021/9/12